福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院

福岡県槽屋郡須恵町大字旅石52-2
TEL 092-692-1914

【今回ご紹介する病院は・・・】

福岡県福岡市の博多犬猫医療センター紹介ページはこちらからご紹介いただいた、福岡動物メディカルパーク リヴ動物病院です。

周辺の環境

当院は福岡空港から車で10分という博多の中心に近い立地状況ですが、元々は近隣の市町村を含めて炭鉱の町として成長してきた町で、現在でも畑や田んぼや川といったのどかな風景がある場所でもあります。最近ではベッドタウン化してきており、今後も人口増加が見込まれている地域でもあります。また、九州自動車道の須恵スマートインターの出入口に近いので、遠方から車でもいらしていただきやすいところに立地していることが特徴です。

病院外観写真

佐藤 誠剛 院長が獣医師になった理由

院長写真

生まれは宮崎ですが、親の転勤で実際に育ったのは関東が長かったです。小さい時から、犬、猫、ハムスター、鳥など、いろいろな動物を飼っていました。獣医師という職業を知ったのは小学校5年生の時。親が中央競馬会で働いていたので、子どものころから育成牧場に出入りしていました。その当時飼っていた犬が骨折をしてしまい、育成牧場で働いていた馬の獣医さんが治療してくれたのを見て、獣医師にあこがれ獣医師をめざすきっかけになりました。最後まで牛馬などの大動物臨床と犬猫の小動物臨床とで悩みましたが、現在小動物臨床の道に進んで、結果的に楽しく毎日を過ごさせて頂いております。


当医院のイチオシポイント

「スタッフと患者さんの距離が近い」と、見学に来られる方がよくおっしゃいます。スタッフがよくコミュニケーションをとってくれるので、アットホームな感じの病院となっています。

外科では、普及率の少ない腹腔鏡手術を取り入れ、ペット達に痛みの少ない手術を提供する傍ら、「ペットに快適な手術を」をコンセプトに、鎮痛剤、オピオイド、末梢神経ブロックなどの鎮痛処置を積極的に実施しています。

内科は、川野浩志先生によるアレルギー科の専門診療を毎月行っています。皮膚病で苦しんでいる動物は多く、治しにくいものですが、苦しんでいる動物たちが治っていき、ご家族さまが喜んでおられるのを見て、専門診療を始めてよかった、と思っています。

キャットフレンドリークリニックにもなっていますので、外出を怖がる猫さん達ができるだけ通院しやすいような配慮にも心がけております。

病院の紹介写真

佐藤 誠剛 院長より、ご家族さまへメッセージMESSAGE

動物病院とは命に関わる現場であります。病気になってしまい、困って連れて来られるご家族さまにご安心していただけるよう、スタッフ一同、誠心誠意治療に当たらせて頂きます。

その気持ちに間違いはないですが、できることならもう一歩先に進んで、病気になる前、症状が発症する前に気がついてあげれば、ペットもご家族さまも幸せに生活を送れるのではないかとも考えています。今後はそこをご家族さまと一緒に追求していきたく思っています。

そのためには、健康な時にこそ病院に来ていただき、健康診断を受けていただきたい。健康診断を受診するだけでなく、病院がこわいものではないことを、ペットに教えたいです。

病院慣れしていないペットは、病院をこわがります。病院に行くことに慣れていると、いざ病気になったときに、こわがって治療ができないことを避けられます。年に一回健康診断を受けていただけると、目には見えない異常が見つかることもあります。

こわがりさんほど、病院に遊びに来る感覚をもってほしい。うちには、診察台でおやつを食べにくる子もいます。健康診断を通じて、病院がこわくないところであることを、知っていただきたいです。