Team HOPEのペット健康診断は、全国で統一の項目だから、安心。
ペットの健康を生涯にわたってサポートできます。

ペットは同じ犬種・描種、年齢であっても、1頭1頭の健康状態や生活環境は異なるため、しっかりとした診断が必要となります。
ペットの状態を把握するために必要な検査項目を全国で統一することで、
健康診断に対するご家族さまの不安・不信を払拭し、安心して受診いただきたいと考えています。

ペットの状態を的確に判断できる
十分な検査項目です
全国で統一した診断項目のため、引っ越しをしても全国どの獣医師でも診断ができます

ペットが「健康で長生き」するためには、「食事の管理」「ストレスの管理」「疾病予防」が重要な要素だと言われています。私たちTeam HOPEは獣医師としてご家族さまとペットの成長に寄り添い、健康状態やその生活環境、ペットの種類やライフステージを踏まえた、総合的な健康管理と病気予防の提案を行っていきます。

分かりやすい報告書付き!

TeamHOPE健康診断報告書

健康診断で異常はなかったのか、異常があった場合、どこに異常があったのか分かりやすく説明した報告書をお渡ししています。

 

Team HOPE健康診断の診断項目は8項目

①問診

日常のペットの様子や健康状態、生活サイクルを聞き取ります。食事の内容や与え方、水の飲み方、排尿の仕方など細かくお伺いし、獣医師の診断の手掛かりを得ます。

日頃ご家族さまが気になっていることも合わせて聞き取ります。

②視診

「目に濁りがないか」「耳によごれはないか」「皮膚に赤みやフケがないか」等、目や耳、皮膚をみて異常がないかチェックします。

口の状態をみるときは、歯石や歯肉炎の有無、口腔内の腫瘤の有無、貧血の有無を確認します。さらに歩き方もチェックし、「かばっている足がないか」「前後のバランスは悪くないか」など、運動器に異常がないかも確認します。

③触診

頭の先からしっぽまで丁寧に触ります。
体の外から触れるリンパ節(あごの下、首、脇の下、膝の後ろ、そけい部)を順番に触り、リンパの腫れや浮腫がないか確認します。
お腹を触って嫌がるところはないか、皮膚のしこりがないか注意深く確認します。
太りすぎや痩せすぎがないか、関節の動きに異常がないかを確認します。

④聴診

聴診

聴診器を使って、心音、呼吸音、心拍数に異常がないか、循環器・呼吸器に異常がないか確認します。また腸の動きに異常がないかも聴診器で音を聞いて確認できます。

⑤血液検査

血液検査

血球計算と血液化学検査を行います。
血球計算は、白血球・赤血球・血小板など血液の中の細胞の数を調べて貧血がないか、白血球が異常に多くないか、血小板が少なくないか測ります。
血液化学検査では、血糖値やコレステロール、血液中のタンパク、その他肝臓の酵素の数値、腎臓の数値など各臓器の状態や機能を調べます。

⑥尿検査

尿検査

尿は病院の指示に従いご提出ください。
尿検査では、尿のpH、潜血、タンパク、尿糖などの有無を調べます。
腎疾患や膀胱炎、尿路結石などの泌尿器疾患、尿糖の検出により糖尿病の有無を確認できます。

⑦便検査

便検査

便は病院の指示に従いご提出ください。
色や硬さを確認し、消化管内の寄生虫の有無や、出血の有無を調べます。
顕微鏡で見ることによって、消化状態や腸内細菌の状態が分かります。

⑧レントゲン

レントゲン検査

Team HOPEでは、胸部と腹部のレントゲン検査を推奨しています。
胸部レントゲンでは心臓の大きさ、肺の透過性、気管の太さ、肺野に問題がないかなど、呼吸器・循環器に異常がないか検査します。
臓器とは別に、胸椎や肋骨などの骨の状態も確認します。
腹部レントゲンでは、腫れている臓器がないか、位置がおかしくないか、各臓器の大きさや位置、変形の有無を検査します。腰椎や骨盤の骨の状態も確認します。

詳しい健康診断項目はこちら  詳しい血液検査項目はこちら

 

なぜペットの健康診断に8項目も必要なの?

一般的にペットの健康診断では「問診・視診・触診・聴診・血液検査」を受診されている方が多く、尿・便検査・レントゲンまで受診されている方は2割弱にとどまっているのが現状です(2020年Team HOPE調べ)。
しかし、血液検査だけでは見つからない病気があります。例えば、消化管内寄生虫、膀胱結石、尿路結石、肺のしこり、腫瘍の有無、膝蓋骨脱臼(パテラ)等の関節炎などは血液検査だけでは見つかりません。病気の早期発見のために過不足なく必要最低限の診断項目を設定しているのがTeam HOPE健康診断です。

小さなサインを見逃さないために。
ご自宅でできるウェルネスチェック

いつも一緒にいるから気づく変化もあれば、ずっと一緒だからこそ見落としてしまう変化もあります。 病気の芽を早めに摘み取るためにもその小さなサインを見逃さないことが重要です。 Team HOPEでは、この小さな変化を見逃さないために、定期的な「Team HOPEウェルネスチェック」を推奨しています。 一緒に過ごすご家族さまからお伺いしたペットの日常の様子をもとに、ご家族さまが見落としがちなポイントを私たち動物病院がダブルチェックをすることで、健康を確認しながら病気の早期発見を目指します。

Team HOPEウェルネスチェック