font size
暑い時期は、ペットも人と同じように胃腸が弱りがちになりますか?

暑い時期は、ペットも人と同じように胃腸が弱りがちになりますか?

夏の暑い時期、人は胃腸が弱りがちですが、わんちゃんも同じですか?私は手作り食を与えていますが、食事は消化のよいものをあげた方がいいですか。 (スタンダードプードル くぅさん・りっくん・がっくん 質問者:たまねぎさん)

回答

大型犬は特に暑さに弱く、暑い季節は水をたくさん飲むことが多くなりがちです。人間と同様に胃腸が弱くなったり、お腹をこわしたりすることがあります。

エアコンで体が冷えすぎても、高齢犬は胃腸が弱りがちになります。そういう場合は、消化のよい食事や少しやわらかめの食事を与えるとよいかもしれません。食事時に水をがぶのみさせることは避けてください。

夏は水分を多めに与えましょう

暑い時期、水分を与えることはとても大切です。水分が不足すると、犬も人間同様、熱中症になってしまいます。ただ、氷水や過度に冷やしすぎた水をあまりたくさんあげすぎるとお腹をこわすことがあります。冷たすぎる水を与えすぎることには、十分注意してください。

たまねぎさんは、ご自分で手作り食を工夫をしてお作りになっているのは素晴らしいですね。野菜などを煮込んでやわらかいものばかりを与える必要はないかもしれませんが、お腹の具合が悪い場合は、消化のよいものを心がけて与えるとよいでしょう。一般の方で市販のフードを与えている方は、栄養のバランスはしっかりとれていますので、水分を多めに与えることは忘れずに。夏はフードを水でふやかして与えてもいいですね。

湿度の高さにも注意が必要です

日本の夏は湿度がとても高いことが特徴です。犬は暑さに弱いことはもちろんですが、湿気の高さにもとても弱いです。湿度が高い時には、除湿機やエアコンのドライ機能を使って湿度を下げてあげるだけでも快適に過ごすことができます。

関連ページ

わんにゃん応援団 「くぅさん、りっくん、がっくん&たまねぎさん」

設問カテゴリ
食事
関連性のある相談
     
回答者のプロフィール
(一社)Team HOPE 副代表 関東地区委員長、ゼファー動物病院 院長
上條圭司

サイドナビ