font size
ペットの健康コラム

ペットと暮らす獣医師からのアドバイス(51)        ウェルネスチェックシート

 

毎週金曜日に産経新聞の生活面に掲載される、Team HOPE獣医師のリレーコラム、第51回目が掲載されました。
Team HOPE中四国地区、倉敷動物医療センター アイビー動物クリニック 院長 藤岡透 がお伝えします。

  

 自分の体調を声に出して表現できないペットたち。普段と様子が違っていても、つい見過ごしがちになっていませんか。ご家族が日頃からペットの健康状態を気にかけることは、とても大切です。では、具体的にどのようにしたら、様子の変化に早く気付けるのでしょうか。
 獣医師らが作成したTeam HOPE(チームホープ)ウェルネスチェックをご存じですか? 幼少期から老齢期に至るすべての犬猫を対象に、体調不良の把握や早期の病気発見につなげる健康チェックの一つです。
 まずはホームページ(http://teamhope-f.jp)にあるチェックシートに従い、ご家族が自宅でペットの状態をチェックします。チェックシートには、睡眠や体重▷歩き方や行動の変化▷食事量や排泄(はいせつ)物に問題はないか▷皮膚や目、鼻、口に異常はないか―などの問いが14項目あります。
 そのチェックシートを印刷して持参し、チームホープ賛同動物病院へご来院ください。動物病院では獣医師の目線でウェルネスチェックを再度、ご家族と一緒に実施します。ご家族と獣医師が同じチェックを行うことで、ペットの健康を客観的に評価できます。
 また、ご家族の方も、どのような視点から健康状態を観察したら良いのか理解が深まり、病気の早期発見や早期治療につながります。
 今年、チームホープでは、ご家族に健康診断の重要性を広めることを目的に、ペットの健康診断の日(10月13日)を登録しました。その日から1週間、全国のチームホープ賛同動物病院で、ウェルネスチェックキャンペーンを実施します。ぜひお気軽に相談ください。(チームホープ、倉敷動物医療センター アイビー動物クリニック院長 藤岡透)

  (産経新聞 平成29年9月15日付)